澳门正规线上平台-澳门著名赌场

13215150267
4001898908
澳门正规线上平台-澳门著名赌场和你一起了解更多太阳能资讯
减少碳排量50%!京东企业即将搭建全球最大屋顶太阳光伏发电生态体系
返回列表 来源: 光伏智库 发布日期: 2021.12.27 浏览次数:

11 月 5 日消息,京东宣布,到 2030 年,京东将联合合作伙伴搭建全球最大的屋顶光伏发电产能生态体系。 京东在确定数智化社会供应链未来十年长期目标时就明确提出:到 2030 年,京东的碳排放量与 2019 年相比减少 50%。

微信图片_20211127122320


明年,江苏宿迁和陕西西安的京东“亚洲一号”智能产业园,将通过光伏发电和储能设施建设,为园区每天50多万件订单的处理提供持续的绿色能源,建成全行业首批碳中和示范园区。


多年来,京东充分发挥新型实体企业在构建绿色低碳商业模式上的独特优势,积极务实地打造“绿色基础设施+减碳技术创新”双核动力,在“仓储、运算、包装、运输”等环节释放出巨大的减碳效能;与此同时,京东携手产业链上下游合作伙伴,打破减碳创新举措的“孤岛”,实现在整个供应链体系内的协同增效。


储:一年内推进“亚洲一号”成为碳中和示范园区


入秋以来,位于江苏宿迁和陕西西安的京东“亚洲一号”智能产业园里,施工人员正在紧张作业,他们要在年底前为仓库安装上分布式光伏发电设备和储能设备,这些设备投入使用后将承担起整个园区主要的绿色能源供应。


位于西安灞桥的“亚洲一号”智能产业园,建筑面积近30万平方米,相当于40多个标准足球场,这里也是西北地区规模最大的智能物流中心之一,由于采用了大量立体堆垛存储技术、自动化分拣系统等设备,使得日均处理订单量超过50万件,目前,覆盖在厂房屋顶的光伏发电设备和储能设备已经开始为园区提供源源不断的绿色能源。


目前,京东已经完成第一批12座智能产业园的光伏发电系统安装。在已经投入运转的上海嘉定“亚洲一号”智能产业园光伏发电机组,由8600块单晶组件构成,一年发电量达311万度,这些绿色电力白天可供园区的办公照明使用,夜间可以通过“汽车+车棚+充电桩+光伏”的项目试点,为电动新能源车充电。


根据测算,预计至2021年底京东的分布式光伏发电能力可建成100兆瓦,年发电量可供5万户普通家庭一年的用电量。预计用3年的时间,搭建起1000兆瓦的光伏发电能力,能够为85%的京东智能产业园提供绿色能源。



除屋顶的光伏发电之外,各个智能物流园区还计划通过风光多能互补、发电充电一体化、电储能、水蓄冷,雨水收集等措施降低能源消耗。在高度智能化的物流仓库中,由于减少了人工作业,很多智能设备可以实现“黑灯作业”,大大降低电能的消耗。根据测试,平均1分钟,智能设备通过“黑灯作业”可以省电2283度,相当于一户普通家庭一年半的用电量;雨水收集系统1小时的收集量可以灌溉一块标准足球场大小的绿地。


购:借助液冷技术实现全年运行PUE低于1.1


在消费者打开京东的那一刻,“减碳足迹”就已经开始。消费者手指尖与屏幕的每一次滑动和选择,数据中心都要从庞大的SKU商品库寻找到最适合消费者需求的商品,在京东的商品库中,“绿色消费”商品的种类已经超过1.5亿种,通过智能推荐对绿色消费的引导,京东在过去一年仅卖出的一级能效空调、冰箱、电视三大类家电,每年都可以减少近200万吨的碳排放。


在消费者下单商品之后,数据后台通过计算得出距离消费者最近的存货和送达路径,这背后都需要强大的算力作为支撑。京东云新一代绿色数据中心,通过技术架构与产品创新,绿色能源发电,高性能服务器,领先的液冷及热回收技术、AI智能控温,机器人巡检等自研技术,实现了绿色高效计算。通过IT与基础设施架构创新,已规模投入2021年京东11.11服务的数据中心,借助液冷技术可以实现全年运行PUE低于1.1,基础设施能耗节省30%,碳排放总量减少10%。


在消费者完成购物之后,京东的每一件商品都会开具发票。为了减少纸质发票的使用,从2013年开具第一张电子发票开始,过去8年间京东一直在努力推动从电子发票开具到电子化报销,打通发票的全流程闭环电子化。截至2020年底,京东已累计开出的电子发票超过60亿张,节约的纸张相当于少砍伐3万棵成年树木。


包:瓦楞纸减两层一年可节省20万吨纸浆


很多消费者在收到京东的快递纸箱时都会注意到,既轻便又齐整,然而很少有人知道,一个不起眼的纸质包装箱背后,是京东通过“电商物流联合包装创新中心”对绿色包装应用技术长达5年的研发。


数据显示,在欧美发达国家,90%的纸质包装箱都采用的3层瓦楞纸箱,而国内的3层纸箱使用比例仅有40%。而京东目前使用的3层瓦楞纸包装箱比例超过95%,确保每个纸箱的重量不超过400克,仅这一项每年就可以减少使用20多万吨纸浆。


早在6年前,京东就开始对封箱胶带的胶带进行“瘦身”研究,怎么样能够在满足使用的前提下将宽度从53毫米降至45毫米,而且明确规范封箱胶带禁止层层缠绕,通过这样毫米级的技术革新,2020年一年就减少了4亿米的胶带,可以绕地球10圈。而通过仓内无纸化作业以及电子面单,仅2020年全年就减少纸张消耗1.3万吨。


在京东的智能化仓库里,通过磁悬浮打包机、气泡膜打包机、枕式打包机、对折膜打包机等18种智能设备组成的全链路智能包装系统,实现了针对气泡膜、对折膜、纸箱等各种包装材料的统筹规划和合理使用,可以极大地降低包装材料的消耗。京东的研发人员也将这套系统形象地命名为“精卫”,意在减碳措施需要点滴成渊、锲而不舍。


在推动包装“瘦身”的同时,京东也在尽可能减少纸质包装箱的使用量。过去4年间,京东陆续在全国30多个城市常态化投入使用“青流箱”,这种循环快递箱由可复用材料制成,无需胶带封包,破损后还可以回收再生,正常情况下可以循环使用50次以上。而对于保温需求的生鲜商品,则全面使用可逆向回收循环使用的保温周转箱代替一次性泡沫箱,一个普通的保温周转箱在一年半的使用寿命期内可以循环使用130次。


运:12000辆新能源车每年减少12万吨二氧化碳排放


运输是能量消耗的重要环节,同时也是京东节能减排的重点投入领域。京东物流也于日前宣布,未来5年将继续投入10亿元用于加码绿色低碳的一体化供应链建设,以实现自身碳效率提升35%。


京东物流用了4年多的时间在全国7个大区、50多个城市投放了近12000辆新能源车,在全国建设及引入充电终端数量 1600 多个,每年能够减少约 12 万吨的二氧化碳排放。如今,从干线物流货车到终端的快递车,规模化的新能源车队覆盖了京东多种业务场景,其中在北京等重点城市,京东已经将自营城配车辆全部更换为新能源车辆。


将燃油车替换为电动新能源车并不是终点,京东还在积极探索更多元的新能源车模式,以进一步降低对二氧化碳的排放。京东物流是国内首个引入使用氢能源车的物流企业,此前已在上海、广州、佛山三个城市常态化使用氢能源物流车,为氢能源的落地营造稳定的运营场景;从2021年开始,京东物流仍将继续探索更加高效节能的甲醇汽车。


此外,利用数字技术的能力,可以优化仓储网络规划和实时最优路径规划,减少在途车辆,提升往返车辆的满载率,减少车辆等待时间;通过安排夜间运行等方式对运力进行削峰填谷,可以减少日间车辆近30%。


联:研究数万个节点数据为行业标准提供依据


在商品运输过程中,如何既能减少包装消耗,又要确保消费者收到的快递包装完好无损?在2019年,京东物流就与中国包装科研测试中心、宝洁中国、强生、卡夫亨氏、联合利华、蒙牛、安姆科等多家机构、企业,合作发起成立了中国电商物流行业包装标准联盟,通过对同城、跨城、跨区运输,陆运、航空、铁路等场景下数万个节点数据的详细记录研究,对货物损坏因素进行测试研究,为供应链企业确定包装标准提供依据,并最终推动包装标准的制定、应用和推广。


京东通过与宝洁、联合利华等品牌商合作,对商品实现出厂原包装直接送达消费者手中,有效地节约了物流环节二次包装的成本,截至目前已减少1.5亿个物流纸箱的使用,减少纸张使用约12.5万吨。此外,通过与50多家企业推广简约包装,提升商家纸箱在下游物流企业中的重复利用率,减少了1亿多个纸箱的使用。在这一合作模式中,品牌商也可以通过京东的入仓优惠政策持续受益。


作为新型实体企业,京东也在充分发挥数字技术与减碳技术的融合,借助京东云搭建的智能供应链平台,帮助陕西恒盛集团实现了商砼产业上下游高效、精准、绿色协同,日常履约率提升30%,有效降低混凝土供应链的整体碳排放。


独木难成林,在打造绿色基础设施、推动减碳技术的创新与实践上,京东始终在携手产业内外更广泛的合作伙伴,打破“孤岛”,推动整个供应链的协同增效,在绿色中探索新的发展模式,让低碳融入每个人的生产生活。


11月5日、京東は2030年までに、京東がパートナーと協力して世界最大の屋根光発電生産能力生態系を構築すると発表した。京東はデジタル化社会サプライチェーンの今後10年間の長期目標を確定する際、2030年までに京東の炭素排出量を2019年に比べて50%削減することを明らかにした。
来年、江蘇省宿遷と陝西省西安の京東「アジア1号」知能産業園は、太陽光発電とエネルギー貯蔵施設の建設を通じて、園区の毎日50万件以上の注文の処理に持続的なグリーンエネルギーを提供し、業界初の炭素中和モデル園区を建設する。
数年来、京東は新型実体企業のグリーン低炭素商業モデルの構築における独特な優位性を十分に発揮し、積極的に「グリーンインフラ+減炭技術革新」の二核動力を着実に構築し、「倉庫、演算、包装、輸送」などの一環で巨大な減炭効率を放出した。同時に、京東は産業チェーンの上下流パートナーと手を携えて、炭素削減の革新措置の「孤島」を打破し、サプライチェーンシステム全体での協同増効を実現した。
貯蔵:一年以内に「アジア第一号」が炭素中和モデル園区になることを推進する
秋に入ってから、江蘇省の宿遷と陝西省西安にある京東の「アジア1号」知能産業園では、工事員が緊張して作業しており、年末までに倉庫に分布式太陽光発電設備とエネルギー貯蔵設備を設置し、これらの設備が投入された後、園区全体の主要なグリーンエネルギー供給を担当する。
西安灞橋の「アジア1号」知能産業園に位置し、建築面積は30万平方メートル近くで、40余りの標準サッカー場に相当し、ここも西北地区で最も規模の大きい知能物流センターの一つであり、大量の立体積層ストレージ技術、自動化選別システムなどの設備を採用したため、1日平均処理注文量は50万件を超え、現在、工場の屋根を覆う太陽光発電設備とエネルギー貯蔵設備はすでに園区に絶えず緑色エネルギーを提供し始めた。
現在、京東はすでに第1陣の12基の知能産業園の太陽光発電システムの設置を完成した。すでに稼働している上海嘉定「アジア1号」スマート産業園の太陽光発電ユニットは、8600個の単結晶コンポーネントから構成され、年間発電量は311万度に達し、これらの緑色電力は昼間は園区の事務照明に使用でき、夜間は「自動車+車小屋+充電杭+太陽光発電」のプロジェクトの試験を通じて、電動新エネルギー車を充電することができる。
試算によると、2021年末までに京東の分布式太陽光発電能力は100兆ワットを建設することができ、年間発電量は5万世帯の一般家庭の年間消費電力に供給できると予想されている。3年間で1000メガワットの太陽光発電能力を構築し、85%の京東スマート産業園にグリーンエネルギーを提供できると予想されている。
屋根の太陽光発電のほか、各インテリジェント物流園区は風景の多エネルギー相互補完、発電充電一体化、電気貯蔵エネルギー、水蓄冷、雨水収集などの措置を通じてエネルギー消費を低減する計画だ。高度にインテリジェント化された物流倉庫では、人工作業を減らすことで、多くのインテリジェント設備が「ブラックランプ作業」を実現し、電気エネルギーの消費を大幅に削減することができる。テストによると、平均1分で、スマートデバイスは「ブラックランプ作業」によって2283度の電力を節約することができ、普通の家庭の1年半の電力使用量に相当する。雨水収集システムの1時間の収集量は標準的なサッカー場の大きさの緑地を灌
購入:液冷技術を利用して年間運行PUEが1.1より低いことを実現
消費者が京東を開いた瞬間、「炭素削減の足跡」が始まった。消費者の指の先とスクリーンの毎回のスライドと選択、データセンターはすべて巨大なSKU商品庫から最も消費者の需要に適した商品を探さなければならなくて、京東の商品庫の中で、“緑色の消費”商品の種類はすでに1.5億種類を超えて、知能の推薦を通じて緑色の消費に対する誘導を通じて、京東は過去1年でただ売る1級のエネルギー効率のエアコン、冷蔵庫、テレビの3大家電は、毎年200万トン近くの炭素排出を減らすことができる。
消費者が商品を注文した後、データバックグラウンドは消費者に最も近い在庫と配送経路を計算することによって、その背後には強力な計算力が必要である。京東雲新世代グリーンデータセンターは、技術アーキテクチャと製品革新、グリーンエネルギー発電、高性能サーバー、リードする液冷と熱回収技術、AI知能温度制御、ロボット巡回検査などの自己研究技術を通じて、グリーン効率計算を実現した。ITとインフラストラクチャの革新を通じて、2021年に京東11.11サービスのデータセンターに規模を投資し、液冷技術を利用して年間PUEが1.1を下回ることを実現し、インフラのエネルギー消費が30%節約され、炭素排出総量が10%減少した。
消費者が買い物を終えた後、京東の商品ごとに領収書が発行されます。紙の領収書の使用を減らすため、2013年に最初の電子領収書を発行してから、過去8年間、京東は電子領収書の発行から電子化の清算まで、領収書の全プロセスの閉ループ電子化を推進しようと努力してきた。2020年末現在、京東が累計して発行した電子領収書は60億枚を超え、節約した紙は3万本の成年樹木を伐採することに相当する。
包み:段ボールを2層減らすと年間20万トンのパルプを節約できる
多くの消費者は京東の宅配便のダンボール箱を受け取った時、軽便で整然としていることに気づいたが、目立たない紙の包装箱の背後には、京東が「電子商取引物流連合包装革新センター」を通じてグリーン包装応用技術の5年間にわたる研究開発があることを知っている人は少ない。
データによると、欧米の先進国では、紙の包装箱の90%が3層の段ボール箱を採用しているが、国内の3層の段ボール箱の使用割合は40%にすぎない。京東が現在使用している段ボール3層の包装箱の割合は95%を超え、段ボール1箱の重量が400グラムを超えないことを確保し、これだけで毎年20万トン以上のパルプの使用を減らすことができる。
京东は6年前から、封箱テープのテープを「痩身」する研究を始めており、使用を満たす前提で幅を53ミリから45ミリに下げることができるか、さらに封箱テープの巻き付けを禁止することを明确にしている。このようなミリ级の技术革新を通じて、2020年には1年で4亿メートルのテープを减らし、地球を10周することができる。倉庫内の無紙化作業や電子面単を通じて、2020年だけで年間1.3万トンの紙消費を減らす。
京東のインテリジェント化倉庫では、リニア梱包機、気泡膜梱包機、枕式梱包機、折りたたみフィルム梱包機など18種類のインテリジェント設備からなる全リンクインテリジェント包装システムにより、気泡膜、折りたたみフィルム、ダンボール箱などの各種包装材料に対する統一的な計画と合理的な使用を実現し、包装材料の消費を極めて低減することができる。京東の研究開発者もこのシステムをイメージして「精衛」と命名し、炭素削減措置には少しずつ淵になり、粘り強くしなければならないことを意図している。
パッケージの「痩身」を促すとともに、京東も紙箱の使用量をできるだけ減らしている。過去4年間、京東は全国30以上の都市で「青流箱」の常態化に投入され、この循環速達箱は多重材料で作られ、テープで包む必要がなく、破損後も回収再生でき、通常は50回以上循環使用できるようになった。一方、保温需要の生鮮品については、使い捨て発泡箱の代わりに可逆的にリサイクルされた保温回転箱を全面的に使用し、普通の保温回転箱は1年半の使用寿命期間で130回リサイクルすることができる。
輸送:12000台の新エネルギー車は毎年12万トンの二酸化炭素の排出を減らします
輸送はエネルギー消費の重要な一環であり、同時に京東の省エネ?排出削減の重点投入分野でもある。京東物流もこのほど、今後5年間、グリーン低炭素をコードする一体化サプライチェーンの建設に10億元を投入し、自身の炭素効率の35%向上を実現すると発表した。
京東物流は4年余りをかけて全国7大区、50余りの都市に12000台近くの新エネルギー車を投入し、全国で1600台以上の充電端末を建設?導入し、毎年約12万トンの二酸化炭素排出を減らすことができる。現在、幹線物流トラックから端末までの速達車は、規模化された新エネルギー車隊が京東の多くの業務シーンをカバーしており、その中で北京などの重点都市では、京東はすでに自営都市の配車車両をすべて新エネルギー車に交換している。
ガソリン車を電動新エネルギー車に置き換えるのは終点ではなく、京東は二酸化炭素の排出をさらに削減するために、より多様な新エネルギー車モデルを積極的に模索している。京東物流は国内で初めて水素エネルギー車を導入した物流企業で、これまで上海、広州、仏山の3都市で水素エネルギー物流車を常態化し、水素エネルギーの着地のために安定した運営シーンを作り上げてきた。2021年から、京東物流はさらに効率的で省エネのメタノール自動車を模索し続ける。
また、デジタル技術の能力を利用して、倉庫ネットワークの計画とリアルタイムの最適な経路計画を最適化することができ、途中の車両を減らし、往復車両の満載率を高め、車両の待機時間を減らすことができる。夜間運行を手配するなどして運力をピークに削って谷を埋めることで、昼間の車両を30%近く減らすことができる。
連合:数万個のノードデータを研究し、業界標準に根拠を提供する
商品の輸送過程で、どのように包装の消費を減らすことができて、また消費者が受け取った宅配便の包装が完全に無傷であることを確保しますか?2019年、京東物流は中国包装科学研究テストセンター、宝潔中国、強生、カフヘン氏、連合利華、蒙牛、安姆科などの多くの機関、企業と協力して中国電子商取引物流業界包装標準連盟を設立し、同城、跨城、跨区輸送、陸運、航空、鉄道などのシーンの数万のノードデータの詳細な記録研究を通じて、貨物の破損要素に対してテスト研究を行い、サプライチェーン企業が包装基準を確定するために根拠を提供し、最終的に包装基準の制定、応用と普及を推進する。
京東は宝潔、連合利華などのブランド商と協力することを通じて、商品に対して出荷元の包装が直接消費者の手に届くことを実現し、物流段階の二次包装のコストを効果的に節約し、現在までに1.5億個の物流ダンボール箱の使用を減らし、紙の使用を約12.5万トン減らした。また、50社以上の企業と簡略包装を普及させることで、下流物流企業における業者ダンボールの再利用率を向上させ、1億個以上のダンボールの使用を減らした。この提携モデルでは、ブランド会社も京東の入倉優遇政策を通じて持続的に利益を得ることができる。
新型実体企業として、京東もデジタル技術と炭素削減技術の融合を十分に発揮し、京東雲が構築した知能サプライチェーンプラットフォームを借りて、陝西恒盛グループが商
独木難成林は、グリーンインフラの構築、炭素削減技術の革新と実践の推進において、京東は終始産業内外のより広範なパートナーと手を携え、「孤島」を打破し、サプライチェーン全体の協同増効を推進し、グリーンの中で新しい発展モデルを模索し、低炭素を一人一人の生産生活に溶け込ませた。

全国服务热线

13215150267
  • 地址:东莞市松山湖中小企业园十一栋
  • 电话:13215150267
  • 邮箱:liusq@singfosolar.cn
  • 手机二维码
东莞市澳门正规线上平台-澳门著名赌场科技股份有限企业版权所有 / 备案号:澳门正规线上平台-澳门著名赌场 /  网站地图 / 百度统计  技术支撑: 牛商股份

澳门正规线上平台|澳门著名赌场

XML 地图 | Sitemap 地图